加齢臭とは

加齢臭(かれいしゅう)は、中高年特有の体臭の俗称です。2000年に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナールであることが発見され、資生堂により「加齢臭」と言う名称が付けられました。
加齢臭の成分は青臭さと脂臭さを併せ持ち、男女ともに性差なく40歳代以降に増加が認められるようです。自身の身体他や自分の衣服から蝋燭・チーズ・古本のような臭いが一つでもしたら加齢臭と考えて間違いないようです。

女性なのにおじさんのにおい、“加齢臭”とは?

加齢集は男性だけでなく、更年期の女性にもあります。
身体の皮脂腺は、男性ホルモンが分泌を刺激し、女性ホルモンが分泌を抑えることでコントロールされていますが、更年期以降、女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンが優位になって皮脂分泌が盛んになり、皮脂腺の中にパルミトオレイン酸という皮脂が増えてきます。これが活性酸素によって連鎖的に酸化され、いろいろなにおいのする脂肪酸に次々と分解されていきます。その中の一つが加齢臭の正体として注目を集めた、ノネナールと呼ばれる低級脂肪酸です。

女性ホルモンの減少が原因

女性ホルモンには、活性酸素を抑え、酸化を抑える作用がありますので、更年期になり女性ホルモンが減少すると、皮脂が増えるだけでなく、酸化による皮脂の分解も一段と加速することになります。この皮脂を酸化させる原因となる活性酸素、いわゆるフリーラジカルは、高コレステロールの食べ物を多くとり、タバコを吸い、多量に酒を飲む、いわゆる不摂生によって大量につくられます。これは高コレステロールにより動脈硬化が引き起こされるのと同じしくみです。ですから、私は「おやじのにおい」は生活習慣病一つと考えています。
中年以降は、不摂生により血管にコレステロールが溜まるのと同じように、皮脂も溜まり、酸化してにおいを放つのです。年齢よりも、むしろ生活習慣病に心当たりがある人ほど、加齢臭は強くなると思ってください。

加齢臭を予防するための生活

加齢臭を予防するためには、まずは清潔にすること。きちんとお風呂で洗って、洋服なども常にキレイなものにしましょう。食事は、体が酸化されるのを防ぐために、ビタミン類や食物繊維を多く採ることが大切です。動物性脂肪の多い食事や、お酒・タバコは控えるようにしてください。清潔で規則正しい生活が1番ですね。さらに消臭商品を使ってケアするのもおすすめします。

女性の加齢臭〜加齢臭は男性だけの問題じゃないんです〜